ALSOK 広島綜警サービス株式会社
HOME 会社案内 企業理念 業務内容 リクルート
AED
AEDとは、自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)の略称です。
心臓突然死の原因のひとつである心臓の心室細動が発生した場合に、心臓に電気ショックを与えて心臓が本来持っている機能を回復させる装置です。

【心室細動とは・・・】

心臓が本来のリズムを失い、小刻みに震えている状態で、不規則な収縮を繰り返している為、心臓のポンプ機能が失われ血液が送り出されない状態となること。

心停止となった場合には脳は3〜4分間で血流停止による損傷を受けてしまいます。心室細動による心停止後の退院にいたる救命の可能性は1分ごとに7〜10%低下し、5分後には約50%といわれています。このように心停止に対する対処は、短時間での処置が救命の重要な要素という認識が一般にも広まってきました。

このため、平成16年7月に厚生労働省は「非医療従事者による自動体外式除細動器(AED)の使用のあり方検討会報告書」に基づき、それまでは医師や救命救急士などに限り使用することが認められていましたAEDを、救命の現場に居合わせた一般市民が行えるものとし、併せて積極的な普及活動を進めることとなりました。

今後のPAD(市民による除細動:Public Access Defibrillation)普及の流れにあってALSOKは、AEDの設置環境や使用者等を考慮した最適なAEDをご提案し、皆様に安心と安全を提供いたします。


【商品の特徴】
AEDの使用に必要な機材と消耗品の定期的なお届けをパッケージ化しており、リース方式とすることにより費用負担を平準化し導入を容易にしています。
国内外における実績と信頼性あるフィリップス・ハートスタートをALSOKが提供する信頼あるAEDとしてご提供します。
低エネルギーで効率的な除細動効果が得られるフィリップス独自技術の「スマート・バイフェージック(SMART Biphasic)」方式により、高い除細動成功率と心臓へのダメージを最小限に抑えています。
明瞭で聞き取りやすいガイダンスで、使用者に的確な指示を与えます。

【ハートスタートHS1の特徴】

従来のAEDが医療従事者等による使用を前提としながら、一般市民へ拡大していることに対し、HS1は、当初から一般市民が使用することを前提に開発された次世代のAEDです。


【設置推奨場所】

多数の人が集まる場所で不特定の人が取扱う可能性のある場所に適しています。

  • ショッピングセンター
  • 劇場・スタジアム
  • 駅・空港・体育館
  • マンション
  • 学校
  • その他の施設

【価格】
月額リース料金 5,400円
リース期間 5年
※最長7年まで延長可能
  • AED本体…………………1台
  • バッテリー…………………1個
  • パッド………………………2組
  • 救急セット…………………1個
  • 標準キャリングケース……1個
  • 設置ステッカー……………1枚

【アフターサービス】
  • 消耗品のバッテリー、パッドを定期的にお届けします。
  • フクダ電子のサービスネットワークによる充実した保守体制。
  • 機器の異常等は、コールセンターが24時間サポート。
  • 弊社担当がデモ機を持ってご説明にお伺いします。お気軽にお問い合わせください。
担当窓口 営業部 TEL:082−871−2250